オンボーディング

オンボーディング

Spelldataでは、新しくチームに加わった方が、チームに馴染み、仕事を円滑にスタートできるように、オンボーディングのプロセスを整えています。
まだまだ粗削りなオンボーディングプロセスですが、今後も改良を続けていきます。

オンボーディングとは

オンボーディング(組織的社会化)とは、1970年代に生まれた経営用語であり、新入社員が組織の一員として、また内部の人間として効果的に活動するために、必要な知識、スキル、行動を習得するためのメカニズムを指します。

このプロセスでは、正式なミーティング、講義、ビデオ、印刷物、コンピュータを使ったオリエンテーションなどが行われ、従業員が入社する組織の業務や文化の概要を説明します。
このプロセスは、世界の他の地域では「導入」または「研修」として知られています。

オンボーディングのような社会化技術は、新入社員にとってポジティブな結果をもたらすことが研究で証明されています。
これには、仕事の満足度の向上、仕事のパフォーマンスの向上、組織コミットメントの向上、職業上のストレスや辞職の意思の減少などが含まれます。

Wikipedia Onboarding

Spelldataのオンボーディングプロセスフロー

現在、4~5週間にわたる、以下のオンボーディングプロセスを用意しています。

オンボーディングプロセスフロー

オンボーディングの狙い

Spelldataで、オンボーディングを実施するのは、以下の狙いがあります。

新入社員にとってのオンボーディング

新しく入社された方は、以下の点を意識して、最初の1か月、オンボーディングプロセスに参加して下さい。

先任社員にとってのオンボーディング

先任の社員にとって、オンボーディングは、以下の目的があります。
オンボーディングに積極的に参加することが、最初の貢献になります。

お問い合わせフォーム

Spelldataの採用について、お気軽にお問い合わせ下さい。

➡ 採用に関するお問い合わせ