健康な生活

ちば家庭・学校・地域応援企業

2022年1月20日 公開

ちば家庭・学校・地域応援企業等登録制度とは

子どもたちが社会的に自立した個人として成長し、地域社会で共に生きていけるよう、家庭・学校・地域が、それぞれの役割や責任を果たしながら相互に協力していくことが求められています。
特に、企業の持つ技術やノウハウは貴重な教育的資源であることから、教育CSRに取り組む企業と連携した取組が重要と考えます。
そこで、千葉県教育委員会では、教育CSRに取り組む企業をウェブサイトを通じて広く県民の皆様に周知する「ちば家庭・学校・地域応援企業等登録制度」に、平成23年度から取り組んでいます。

ちば家庭・学校・地域応援企業等登録制度

Spelldataの取組内容

米国においては、子共のイベントに参加する事、教育に関わることが「権利」として考えられています。
Spelldataでも、従業員の皆さんが、子供のイベントに参加したり教育に関わる「権利」を行使できるように、3つの施策を行っています。

取組番号タイトル具体的な内容
1 生活リズムを向上させよう!
  • 従業員の子供が体調不良の時は、休みを取れるよう声掛け
  • 子供の予防接種や通院などで使えるように、1時間単位の有給休暇を整備
2 子どもと一緒の時間を増やそう!
  • 従業員のワークライフバランスの充実のため、残業ゼロを目指す
  • 完全在宅勤務で通勤時間をなくし、家で過ごせる時間を増やす
  • 年次有給休暇の取得を推進
  • 短時間正社員制度の導入
3 学校へ行こう!
  • P T A活動や子供の授業参観などの行事に参加しやすいよう、1時間単位で取得できる有給休暇制度とコアタイムのないスーパーフレックスタイム制度を導入

現在、Spelldataでの残業時間は、一人当たり月10~20分です。
皆さん、時間単位での有給などを活用して、学校行事に参加されています。
お子さんが急に具合が悪くなった場合には、お子さんを優先してもらうようにしています。

ちば家庭・学校・地域応援企業 登録証

お問い合わせフォーム

Spelldataの採用について、お気軽にお問い合わせ下さい。

➡ 採用に関するお問い合わせ