シングルマザーとお子さん

シングルマザー支援

Spelldataは、シングルマザーの雇用を通じて、シングルマザーの経済的自立の支援をしています。

日本シングルマザーの支援協会パートナー企業

2019年3月に、Spelldataは、一般社団法人日本シングルマザー支援協会のパートナー企業になりました。
経済的自立を目指すシングルマザーの方の雇用を積極的に進めています。

Spelldataができること

Spelldataが、経済的自立を目指すシングルマザーのために、以下の事ができます。

住まいの確保

現在の住まいを出なくてはならない場合、住まいの確保が重要です。
Spelldataでは、習志野オフィス近隣のUR(花見川団地)を社宅として提供できます。

時間の確保

完全在宅勤務

Spelldataは、完全在宅勤務。
いつだって、ママはお家に居ると安心感。
幼稚園や保育園で熱が出たとか、小学校でPTAの活動や授業参観など、何かあってもすぐに駆けつたり、行事に出られます。

残業はありません

Spelldataは残業はなく、勤務時間以外はお子さんとの時間、家庭の時間としてちゃんと確保できます。

融通が効く時間管理

Spelldataでは、有給は1時間単位で取得可能です。
幼稚園や保育園、小学校での行事などで、ちょっと業務時間中に出かけるという事が可能です。

週休三日制、時短社員など選べます

社会保険に入るためには、週30時間の労働が必要です。
その30時間をどのように割り振るかは、お子さんの成長に応じて自由に決める事ができます。

現在、2021年5月1日を目途にフレックスタイム制を就業規則に追加する作業をしています。
フレックスタイム制になれば、「夕方、お子さんが帰ってきたら、夕飯やお風呂を一緒に過ごして、お子さんを寝かしつけてから、夜10時までの間で業務を行う」という事も可能になります。

収入の確保

時間で稼ぐのではなく、能力で稼ぐ

お子さんが成長していくと、どんどんお金が必要になっていきます。
より高い収入を確保しようとして「時間で稼ぐ」と、身体への負担が大きくなり、且つ、子供達との時間が減ってしまいます。
大事なのは、時間で稼ぐのではなく、能力で稼ぐ事。

つまり、誰でもできる仕事をするのではなく、あなたにしかできない仕事をできるようにする、専門性の確立です。
Spelldataでは、全ての職種において、あなたが専門家としてキャリアを確立することを業務を通して支援します。

学び続ける事が専門性を確立する

専門性を確立するとは、自分が対象とする仕事の分野について、広く深く理解し、知見と経験を積み上げる事です。
Spelldataでは、午前中3時間は学習の時間。
土日祝日などの休日と夏季休暇、年末年始休暇を除いた勤務日数236日×3時間=708時間もの学習時間を確保できます。

年間700時間もの学習をSpelldataで10年続けたら…と想像してみて下さい。
大丈夫、あなたの頑張りは、ちゃんと専門性の確立に繋がります。
そして、あなたの専門性で、お客様や社会に貢献するほどに、あなたの収入が高くなっていくのです。

Spelldataで活躍されているシングルマザーがいます

Spelldataには、既に二人のお子さんを育てながら働いているシングルマザーの方がいらっしゃいます。
彼女も、日々午前中学習しながら、午後はいきいきと楽しそうに働いています。

誰でも、Spelldataに入れるなんて事は言いません。
入社試験として、適性検査や学力検査もあります。

あなたがコツコツと努力していけるタイプで、きちんと真面目に仕事をこなし、職務に対する責任感と誇りを持つ人なら、Spelldata、一生の職場としてチャレンジする価値があると思います。

お問い合わせフォーム

Spelldataの採用について、お気軽にお問い合わせ下さい。

➡ 採用に関するお問い合わせ